シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPEUのパーム油「排除」、世界貿易機関への提訴も視野

経済

2017年7月17日

EUのパーム油「排除」、世界貿易機関への提訴も視野

〈クアラルンプール〉
マレーシアとインドネシアは貿易相会議を持ち、パーム油に関する欧州の方針に一致して当たることで合意した。

 

欧州議会は4月、持続不能な方法で生産されたパーム油のバイオ燃料への使用を2020年までに段階的に廃止するよう欧州連合(EU)に求める決議を採択した。マレーシアとインドネシアはパーム油の主要生産国。両国の主張を理解してもらうため欧州に使節団を派遣する方針だ。

 

またEUが行政命令として議会決議の実施を決定した場合、パーム油を差別する不公平貿易として世界貿易機関(WTO)に提訴することも検討する。

 

パーム油生産は森林伐採を伴うものとの考えが環境団体に根強いが、マレーシア・パーム油委員会のアハマド・ハムザ委員長は、栽培面積1ヘクタール当たりの油生産量がアブラヤシは4トンで、大豆の10倍、ひまわりの7倍、菜種の5倍と生産性が高いことを指摘した。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPEUのパーム油「排除」、世界貿易機関への提訴も視野