シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPアッパー・チャンギ・ロード・イースト高架橋工事で崩落事故、11人...

社会

2017年7月17日

アッパー・チャンギ・ロード・イースト高架橋工事で崩落事故、11人が死傷

〈シンガポール〉
アッパー・チャンギ・ロード・イーストにおける高架橋工事で7月14日午前3時半、梁(はり)が崩落する事故があり、労働者1人が死亡、10人がけがをした。陸運庁(LTA)は道路、鉄道工事で安全面が確保されているかを調べるため、同日午前、全ての工事を停止した。

 

崩落事故の工事を請け負っているのはオア・キム・ピョー(OKP)コントラクターズ。建設業管理庁(BCA)は同工事の停止を命じた。LTAの予備調査によると、梁を支えるコーベル(受け台)が崩壊し、梁の上で作業をしていた11人の労働者が4メートルの高さから落ちた。

 

死亡したのは31歳の中国人労働者。けがをした10人はチャンギ総合病院に移送され、2人は集中治療室に収容された。OKPは1960年代から建設業に携わっている上場企業。2015年9月にも事故を起こしており、今回の事故の3日前に25万Sドル(約2,000万円)の罰金を言い渡されていた。また今年1月から4月にかけ、業務上の過失をとがめられ、人材開発省から要注意企業に指定された。

 

これで、建築現場など今年の職場での死亡事故は20件になった。昨年通年は66件。梁崩落で下の道路が使用できなくなったため、LTAは仮設道路を整備し、SBSバスの24番が本来のルートを通れるようにする。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPアッパー・チャンギ・ロード・イースト高架橋工事で崩落事故、11人...