シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPユネスコ世界遺産、3ヵ所を新たに申請へ

文化

2017年7月14日

ユネスコ世界遺産、3ヵ所を新たに申請へ

〈レンゴン(ペラ州)〉
マレーシア観光文化省は、国内の3ヵ所を国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産に申請する方針だ。ナズリ・ アジズ大臣が明らかにした。

 

観光省がユネスコ世界遺産指定を目指すのは▽ロイヤル・ベルム州立公園(ペラ州ゲリック)▽クオーツ・リッジ(セランゴール州ゴンバック)▽マレーシア森林研究所(FRIM、セランゴール州クポン)――の3ヵ所。いずれも自然遺産としての登録を目指す。

 

マレーシアはこれまで文化遺産として2008年にマラッカ&ペナン、2012 年にレンゴン・バレーが指定を受け、また自然遺産として2000年にサラワク 州のグヌン・ムル国立公園とサバ州のキナバル山がそれぞれ指定を受けてい る。また2014年にタマンネガラ国立公園が暫定リストに入っている。

出典:マレーシアナビ!
http://www.malaysia-navi.jp/

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPユネスコ世界遺産、3ヵ所を新たに申請へ