シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP空港第4ターミナル、8月に開業前の見学会

経済

2017年7月10日

空港第4ターミナル、8月に開業前の見学会

〈シンガポール〉
チャンギ国際空港を運営するチャンギ・エアポート・グループ(CAG)は8月7日から20日まで見学希望者を受け入れる。入場には予約が必要で、約60%が埋まっている。週末とナショナルデー(独立記念日)、学校が休みの10日は既に予約でいっぱいだ。

 

CAGは期間中、20万人の来訪者を予想している。第4ターミナルは、顔面認証など最新技術、キネティックアート(動く芸術)、遺産ゾーンなどユニークさあふれる施設だ。教師のエリック・ユーさんは家族と一緒に見学に行くため、限度の6枚のチケットを予約した。「市民として新しい建造物にわくわくしている」と語った。

 

空港職員、空港関連企業の職員、ボランティアが見学会を手伝う。見学には1時間半~2時間かかる。第4ターミナルへ行くには、第3ターミナルから無料のシャトルバスを利用する。自動車で行く場合、新設の高架道路を経由する。見学できるのは予約した人のみ。予約確認の電子メールを入り口で提示する。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP空港第4ターミナル、8月に開業前の見学会