シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPインチケープが車体センターを開所、トヨタ車販売50周年

経済

2017年7月7日

インチケープが車体センターを開所、トヨタ車販売50周年

〈シンガポール〉

英系自動車販売のインチケープは7月6日、5,500Sドル(約45億円)を投じパンダン・クレッセントに建設した10階建て「インチケープ・センター」の開所式を開いた。トヨタ自動車との提携50周年を記念した式典で、アッシュフォード・アジア地域最高経営責任者(CEO)は「今回の投資はシンガポール市場のわが社にとっての重要性を示すもの」と挨拶した。

 

トヨタ車を販売しているのはインチケープ子会社のボルネオ・モーターズ・シンガポール。カローラ・アルティスは車名別販売台数で常に上位3位以内のベストセラー。ボルネオ・モーターズはトヨタの高級車レクサス、日野自動車の商用車、スズキ車も販売している。

 

インチケープはアジアのほか、南米、ロシア、北欧にも拠点がある。インチケープ・センターには車体修理作業台、塗装作業台、洗車場があり、トヨタ車の顧客はあらゆるサービスを受けることができる。事務スペース、域内から職員を受け入れ訓練する訓練センターも併設されている。

 

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPインチケープが車体センターを開所、トヨタ車販売50周年