シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP外国人駐在員の生活費調査、シンガポールは24位に

国際

2017年6月8日

外国人駐在員の生活費調査、シンガポールは24位に

〈シンガポール〉
人事サービスのECAインターナショナルがまとめた、都市別外国人駐在員の生活費の高さランキングで、シンガポールは昨年の18位から24位にランクを下げた。実際の生活費は上昇したが、ECAは米ドルに換算して順位をまとめており、Sドルがほかの主要通貨に対し値下がりしたことが順位の低下につながった。

 

調査では、食品、日用品など、外国人駐在員家族が一般に購入する消費財・サービスの価格を調べた。住宅賃貸料、公益費、乗用車代金、子どもの授業料など駐在員手当として一般に支給されるものは含めていない。

 

生活費の高さ1位はアンゴラの首都ルアンダ。2位は香港で、以下は、チューリヒ、ジュネーブ、バーゼル、ベルン、東京、ソウル、ベネズエラのカラカス、スーダンのハルツーム。調査対象は262都市。

 

ECAのリー・スアン氏によると、人材呼び込みの面では順位低下は望ましい。域内で業務を展開する、コスト意識の高い多国籍企業は社員の配置先として、香港よりシンガポールを選ぶと考えられるからだ。

 

香港は通貨を米ドルと連動させているため、通貨値上がりで順位が上がる結果になった。日本の都市は円安で順位を下げた。ロンドンは67位、クアラルンプールは212位だった。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP外国人駐在員の生活費調査、シンガポールは24位に