シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP世界同時サイバー攻撃、企業・機関は対策に大わらわ

社会

2017年5月16日

世界同時サイバー攻撃、企業・機関は対策に大わらわ

〈シンガポール〉
世界各地でコンピューターウイルスによる攻撃が報告される中、シンガポール企業、機関の情報技術担当者は週末から月曜にかけ、被害を防ぐための対策に追われた。

 

攻撃に使われたのは、データを暗号化して読めなくしたうえで、復旧したければ金銭を払うよう脅す「ランサム(身代金)ウエア」で、ワナ・クライ(泣きたい)と呼ばれる。シンガポールで被害に遭ったのは、ショッピングモールのティオン・バルー・プラザやホワイト・サンズにデジタルサイネージ(ディスプレーを使った情報発信システム)を提供しているメディアオンライン1社で、モールの案内掲示板に支障が出た。

 

セキュリティーシステムのファイアアイは「ワナ・クライに対処しても安心できない。亜種が作り出される可能性があるからだ」と警鐘を鳴らした。

 

「ワナ・クライ」は、ユーザーが偽のリンクをクリックした時と、電子メールの添付ファイルを開いた時のいずれかで感染する。リンクをうっかりクリックした場合、インターネットとの接続を遮断すれば良く、添付ファイルを開くとイントラネットで拡散する恐れがある。

 

米マイクロソフトの基本ソフト「ウィンドウズ」の弱点を突いたウイルスで、旧型ソフトで感染の可能性がある。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP世界同時サイバー攻撃、企業・機関は対策に大わらわ