シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPHPエンタープライズがシンガポールに地域統括本部、新計画も開始

経済

2017年5月9日

HPエンタープライズがシンガポールに地域統括本部、新計画も開始

〈シンガポール〉
ヒューレット・パッカード・エンタープライズ(HPE)は5月8日、アジア太平洋・日本統括本部ビルの開所式を行った。また地元企業と連携、斬新なアイデアを考案し、新たな技術やソリューションとして商業化するための計画「イノベートネクスト」を発表した。

 

新本部ビルには、研究開発、物流、営業・マーケティングからイノベーションセンター、顧客体験センターまでシンガポール内のすべての機能を移した。HPEは2015年11月、ヒューレット・パッカードの会社分割によりHPインコーポレーテッドとともに誕生した企業。企業向けハードウエアの開発、サービスに携わっている。

 

開所式にはメグ・ホイットマン社長が出席した。この先5年間で1億4,000万米ドル(約160億円)をシンガポールに投じ、うち1,600万米ドル(約18億円)をスタートアップの育成に充当する。従業員数は1,600人。イノベートネクスト計画では、ハイブリッドIT、モノのインターネット(IoT)の領域でソリューションを持つスタートアップ12社と提携する。

 

HPEがイノベートネクスト計画に着手するのはシンガポールが初めて。第1号案件として、人の往来を察知すると照明の輝度を増すソリューションを持つグリッドコムと提携する。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPHPエンタープライズがシンガポールに地域統括本部、新計画も開始