シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP海事都市で世界1位の座を維持、メノン・エコノミクス調査

経済

2017年4月27日

海事都市で世界1位の座を維持、メノン・エコノミクス調査

〈シンガポール〉
ノルウェーのコンサルティング会社、メノン・エコノミクスがまとめた海事都市ランキングで、シンガポールは前年に続き1位にランクされた。メノン・エコノミクスは5カテゴリー24項目について世界各地の専門家250人から意見を聞き、ランキング付けを行った。

 

シンガポールは、海運、港湾・物流、魅力・競争力のカテゴリーで1位、海事技術で2位、金融・法律面で4位だった。海事技術のカテゴリーでは5位からの躍進で、技術・研究重視が奏功した。シンガポールは2012年も総合1位だった。

 

海運、港湾・物流のカテゴリーで最高の評価だったのは、シンガポールの戦略的立地、商業活動の重要なセンターであること、世界2位の港湾を経営していることが理由。魅力・競争力での評価の高さは、ビジネスのしやすさ、迅速な通関手続きによるものだった。

 

回答者の70%はシンガポールを、本部移転先の有料候補3ヵ所の1つに挙げ、またデジタル化の準備が最も進んでいる海事都市の1つとみなしている。

 

シンガポール以下の総合順位は、ハンブルク、オスロ、上海、ロンドン。メノンは5年先の見通しについても聞いた。回答者のほとんどは、シンガポールは重要な海事都市の座を維持すると予想している。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP海事都市で世界1位の座を維持、メノン・エコノミクス調査