シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPシンガポール移住の孫泰藏氏、東南アジアで1億米ドル投資へ

日系企業

2017年4月19日

シンガポール移住の孫泰藏氏、東南アジアで1億米ドル投資へ

〈シンガポール〉
シンガポールに移住した実業家、投資家の孫泰藏氏は、DBS銀行主催のワークショップで基調演説し、この先5年間にシンガポールを含め東南アジアで1億米ドル(約110億円)の投資を行うなど抱負を語った。住所はセントーサ島。

 

孫泰藏氏はソフトバンクグループの創業者である孫正義氏の弟。パズドラを提供しているガンホー・オンライン・エンターテイメントの創業者で、スタートアップ養成企業であるMistletoeの最高経営責任者。

 

孫氏は年内に、世界中の起業家やイノベーターらが顔を合わせ新たなものを生み出せる場をMistletoeの事業として設ける。若者向けに、起業家精神や技術を学べるセンターを来年設立することも検討しており、「2030年までにアジアは技術革新でシリコンバレーを追い越す」と語った。

 

Mistletoeは自動運転車のZooxやルワンダのドローン運営会社、シンガポールの電子商取引業者ガリーナに出資している。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPシンガポール移住の孫泰藏氏、東南アジアで1億米ドル投資へ