シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP女性の労働力率は60%、議員では20%が女性

社会

2017年3月13日

女性の労働力率は60%、議員では20%が女性

〈シンガポール〉
家庭生活とのバランスをとりながら女性が働ける環境づくりが進められるなか、労働力に参加している女性が増加しており、女性の労働力率(生産年齢人口に占める労働力人口の比率)は60%前後と安定的に推移している。

 

女性による起業やリーダーシップに関する会議でグレース・フー文化・共同体・青年相は「60%ということは残りの40%を開拓する余地があるということ」と一層労働力への参加を促す意向を表明した。

 

人材開発省によれば、女性の労働力率は2006年が54.3%で、2016年が60.4%。男性の場合はこの10年間、76.2%前後で安定している。フー氏は、女性の参加で労働力が多様化することで技術革新、創造性が刺激され、国際競争力の維持にも役立つと述べた。

 

出産後の女性の職場復帰を後押しするため政府は、共働き世帯向け出産休暇の内容を充実させている。しかし、行動と調査のための女性協会(Aware)のジョリーン・タン氏によれば、女性の労働力率は経済協力開発機構(OECD)の多くの国の平均(70%)より低い。子育てが終わった後の労働力復帰がまだ少ないためだ。

 

次期大統領候補に取りざたされているハリマ・ヤコブ国会議長によると、議員に占める女性の割合は20%超。1980年代初頭は女性議員がゼロだった。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP女性の労働力率は60%、議員では20%が女性