シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP日本製ハラルスキンケア製品「桃姫」、PBJが販売開始

日系企業

2017年3月7日

日本製ハラルスキンケア製品「桃姫」、PBJが販売開始

〈クアラルンプール〉
化粧品のPBJ(本社・東京都足立区)は3月3日、マレーシアにおいて日本製のハラル(イスラムの戒律に則った)スキンケア製品「桃姫」の販売を開始した。

 
発売したのは、保湿成分として桃の葉、種子エキス、桃果汁、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸を配合した、▽洗顔料▽化粧水▽保湿ジェルクリーム▽美容液ーー4種。価格はそれぞれ88リンギ(約2,250円)、98リンギ(約2,506円)、98リンギ(約2,506円)、178リンギ(約4,551円)となっている。当面はオンラインショップの「LAZADA」のみでの販売となるが、小売店など販売取り扱い店舗を拡大していく予定だ。

 
「桃姫」は、イスラム教で禁止されている豚由来成分やアルコール由来成分のほか、鉱物油、石油系界面活性剤、パラベン、着色料等を排除し、ハラル専用の製造ラインを使用し製造したもので、日本イスラム文化センターのハラル認証を取得している。

出典:マレーシアナビ!
http://www.malaysia-navi.jp

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP日本製ハラルスキンケア製品「桃姫」、PBJが販売開始