シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP人工流れ星に関する講演会開催、今後は事業化目指す

日系企業

2017年2月28日

人工流れ星に関する講演会開催、今後は事業化目指す

〈シンガポール〉
d人工流れ星プロジェクト「Sky Canvas」に関する講演会が、2月24日にシンガポールサイエンスセンター、25日にジャパン・クリエイティブ・センターでそれぞれ開催された。宇宙をテーマにしたエンターテインメント事業を手がけるALEの岡島玲奈・代表取締役社長が、人工衛星を活用した流れ星についてプレゼンテーションを実施、事業化を目指していく方針などを説明した。学生を含め宇宙に興味を持つ多くの観客が集まった。

 

Sky Canvasは、空をキャンバスに見立て人工流れ星を演出するプロジェクト。小さな人工衛星が流れ星の素材となる粒子を放出、粒子は大気圏に突入した後、発光しながら燃焼し、地上からは流れ星のように見える。粒子の色などを変えることもでき、天体ショーを演出できるという。

 

っっd岡島氏は今後の展望について、流れ星鑑賞というイベントの事業化を目指すと説明。「イベントによる収益が新たな天文学研究の発展につながる仕組みを作りたい」とコメントした。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP人工流れ星に関する講演会開催、今後は事業化目指す