シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP不法外国人労働者向けEカード、15日から申請受け付け

社会

2017年2月14日

不法外国人労働者向けEカード、15日から申請受け付け

〈プトラジャヤ〉
出入国管理局のムスタファ・アリ局長は2月14日、不法外国人労働者を合法化するための措置である執行カード(Eカード)の申請受け付けを15日から開始すると発表した。マレーシア半島の管理局窓口で受け付ける。

 

外国人を不法に雇用している雇用者が当該労働者を登録できる最後の機会で、申請締め切りは6月30日。この後、不法就労が判明した外国人労働者は国外追放処分になり、雇用者も罰を受ける。カード申請に際し雇用者は労働者に付き添い窓口に出向かなければならない。登録は無料で、申請から2営業日後に交付される。

 

不法労働者の合法化は労働者不足を考慮した措置。マレーシアに労働者を派遣している東南アジア、南アジア、中央アジア15ヵ国の出身者が交付を受けられる。カードの有効期限は来年2月15日で、それまでに当人は旅券を自国の大使館から取得しなければならない。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP不法外国人労働者向けEカード、15日から申請受け付け