シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPマレーシアビジネス界の景況感が悪化=グラントソントン

経済

2017年1月11日

マレーシアビジネス界の景況感が悪化=グラントソントン

〈クアラルンプール〉
国際コンサルティング会社のグラント・ソントンが発表した最新版「国際ビジネスリポート(IBR)」によると、マレーシアのビジネス界における景況感について、ポジティブ回答からネガティブ回答を差し引いたネット率は昨年第4四半期はマイナス36%に悪化している。2010年以来の低水準で、前期(昨年第3四半期)のマイナス12%から24ポイントも下落した。

 

ビジネス拡大の最大のリスクとして最も多く上げられたのが為替変動で、前期のプラス42%からプラス76%に大幅に上昇。二番目に多かったのは経済の先行き不透明で、前期のプラス46%からプラス60%に上昇した。三番目に多かったのは熟練労働者不足で、前期のプラス24%からプラス36%にアップした。

出典:マレーシアナビ!
http://www.malaysia-navi.jp/

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPマレーシアビジネス界の景況感が悪化=グラントソントン