シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPガソリンと軽油、マレーシアで1月1日から値上げ

経済

2017年1月4日

ガソリンと軽油、マレーシアで1月1日から値上げ

〈クアラルンプール〉

政府はガソリン、軽油を1月1日付で値上げすると発表した。国際原油価格の上昇と対米ドルでのリンギ下落を考慮した。

 

オクタン価95のレギュラーガソリン「RON95」はリットル当たり2.10リンギ(約55円)に20セン値上げ。「RON97」は同2.40リンギ(約63円)に15セン値上げする。

 

軽油(ディーゼル油)は同2.05リンギ(約53円)、ユーロ5基準の軽油は2.15リンギ(約56円)に、それぞれ20センの値上げとなる。

 

マレーシア石油販売業協会(PDAM)のカイルル・アヌアル会長は、軽油がリットル2リンギを超えたことで事業者にコスト面の影響が出ると懸念を表明した。

 

政府は2014年12月から、燃料油価格の決定方法を管理変動制に移行させた。財務省広報担当のロクマン・ノール氏によると、それ以前の補助政策では、補助を受けるにふさわしいドライバーより、排気量の大きい自動車の持ち主の方が受ける補助が多いという結果を招いたという。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPガソリンと軽油、マレーシアで1月1日から値上げ