シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPファストフード店での売り上げ、レストランを上回る増加率

経済

2016年11月21日

ファストフード店での売り上げ、レストランを上回る増加率

〈シンガポール〉
景気低迷で外食産業の売り上げも伸び悩んでいるが、ファストフード店が気を吐いている。統計局の小売業統計によると、ファストフード店の9月の売り上げは前年同月比で推定2.6%の増加だった。レストランでの売り上げは同0.9%増だった。1~9月実績でも6月を除きファストフード店の方が、売り上げが増加した。

 

ファストフード業はレストランより商品価格が安く、販促活動をしやすい。食の好みの変化に素早く対応できる機敏さもある。技術専門校シンガポール・ポリテクニックのサラ・リム講師は「店の雰囲気も良くなっている。常に新商品を出し続け、それを客がソーシャルメディアで取り上げ話題にする」とファストフード店の強みを指摘した。

 

下期に2店舗を開設したテキサス・チキンの既存店舗の1~9月の売り上げは前年同期比6%増加した。同じくフライドチキンを出すポパイも同程度の売り上げ増だったという。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPファストフード店での売り上げ、レストランを上回る増加率