シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP関西学院大学の学生、日本酒の魅力をアピール

イベント

2016年11月20日

関西学院大学の学生、日本酒の魅力をアピール

〈シンガポール〉

11月18日と19日の2日間にわたり、ノベナスクエア2のHokkaido Fish Marketにて、「関学日本酒振興プロジェクト」による日本酒振興イベントが行われた。

 

kgu_1
kgu_2

同プロジェクトは関西学院大学の国際学部・人間福祉学部の有志メンバーにより運営されており、地元の酒造メーカーと協力しながら、兵庫県西宮市の清酒を大学生を中心とした若者に広めていく活動をしている。海外での開催は昨年の台湾に続き2度目。今回は大関株式会社、辰馬本家酒造株式会社、日本盛株式会社の協賛と、シンガポールの日本酒ディストリビューター数社との協力により実現した。

 

店内では「日本盛 生原酒」やスパークリングタイプの「花泡香」など協賛メーカーの商品のほか、日本酒を使ったオリジナルカクテルなども提供。参加費25Sドル(約1,950円)で飲み放題ということもあり、地元の人々や日本人で賑わった。参加したプロジェクトメンバーの山下明莉さんは、「シンガポールでも日本酒の人気が出てきたときいていたが、来場客も多くそれを実感した。今後も日本と海外の架け橋となるような活動をしていきたい」と語った。

 

kgu_4

左から関西学院大学国際学部の澤果林さん、田島紡蘭さん、山下明莉さん

 

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP関西学院大学の学生、日本酒の魅力をアピール