シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP昭和電工、マレーシアで自動車用部品の一貫生産へ

日系企業

2016年11月14日

昭和電工、マレーシアで自動車用部品の一貫生産へ

〈クアラルンプール〉
昭和電工株式会社(本社・東京都港区)は11月9日、マレーシアのアルミニウム鋳造工場、ショウティック・マレーシア(STM)に、シンガポールのアルミニウム鍛造工場、ショウティック・シンガポール(STS)を統合することを決定したと発表した。マレーシアにおいて自動車用アルミ部品の一貫生産体制を構築する。

 

同社は、アルミニウム連続鋳造棒ショウティック事業を展開しており、自動車コンプレッサー部品やエンジンピストン、サスペンションなどの用途に向けて商品を提供している。今後、品質・生産性の向上および効率的な拠点運営によりグローバルでの競争力を強化し、東南アジア諸国連合(ASEAN)、中国、インド地域のニーズに的確に応えることを目的として、今回、STSの鍛造機能をSTMに移管し、鋳造・鍛造の一貫生産体制を構築することを決定した。

出典:マレーシアナビ!
http://www.malaysia-navi.jp

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP昭和電工、マレーシアで自動車用部品の一貫生産へ