シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP緊急対策でなく長期戦略で経済減速に対処、NTUC会合で首相

政治

2016年11月3日

緊急対策でなく長期戦略で経済減速に対処、NTUC会合で首相

〈シンガポール〉
リー・シェンロン首相は11月1日、全国労働組合会議(NTUC)幹部300人との非公開対話で、シンガポール経済は低迷しているが危機的状況にはないとしたうえで、緊急時対策ではなく成長を確保するための長期戦略が必要だと説明した。

 

リー氏は「現在、われわれが直面しているのは構造上の問題」と強調。抗生物質を一定期間服用すれば治るというものではなく、毎日栄養を摂取し、運動を怠らず身体を強くし、新たな能力を身に付けることが必要で、経済をレベルアップしなければならないと訴えた。

 

リー氏は「シンガポールは経済先進国であり、低成長が当たり前となった」としつつも、外需が回復すれば、シンガポールと同程度の経済先進国より高い、年2~3%の成長を目指すことができると述べた。

 

政府が講じている措置としてリー氏は、産業部門別の再編支援計画、国内企業の海外進出支援、スキルズフューチャー計画を通じた労働者の技能水準引き上げ、新たな技術の習得支援を挙げた。

 

国際企業庁(IE)による海外進出支援では、ビーチェンヒアン、ウィーナムキー・チキンライス、ミスタービーン、ヤクン・カヤトースト、ジャニス・ウォン・デザートが進出を果たしている。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP緊急対策でなく長期戦略で経済減速に対処、NTUC会合で首相