シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP欠陥が判明のサムスンの最新スマホ、リコールを開始

経済

2016年9月21日

欠陥が判明のサムスンの最新スマホ、リコールを開始

〈シンガポール〉
韓国のサムスン電子は、バッテリーが出火・爆発する恐れのあるスマートフォンシリーズの最新機種「ギャラクシーノート7」のリコール(回収・無償交換)を世界各地で開始した。シンガポールでは10月2日まで受け付けるとしていたが、同日以降も交換に応じる方針に変更した。

 

正規ディーラーを通じ販売された数は、推定数千台。サムスンは並行輸入品についても交換に応じる。オンライン市場では依然、欠陥品が販売されている可能性があり、サムスンは新たに生産した端末の充電時の表示色を緑に変えた。端末が安全か確認できるよう、端末の製造番号を見ることのできるノート7購入者のための特別ウェブサイトも近く立ち上げる。

 

正規ディーラーからノート7を購入した客は10月2日まで、サンテック・シンガポール・コンベンション・アンド・エキシビション・センターで交換でき、その後はホットラインに電話し交換手続きを行う。イーベイやキューテンなどインターネット通信販売サイトなどから購入した客は、ホットラインに電話し交換手続きをすることになる。

 

サムスン電子は世界各国に250万台を出荷しており、欠陥品は100万台につき24台の割合で存在するという。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP欠陥が判明のサムスンの最新スマホ、リコールを開始