シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP国内のジカ熱感染者数が6人に、比でも今年初の国内感染を確認

社会

2016年9月14日

国内のジカ熱感染者数が6人に、比でも今年初の国内感染を確認

〈クアラルンプール/マニラ〉
マレーシア保健相のスブラマニアム・サタシバム氏は9月13日、新たに2人のジカ熱感染者を確認したとの声明を出した。国内5人目の感染者となったのはサラワク州ミリに住む35歳の女性で、妊娠2ヵ月目。女性は以前シンガポールで働いており、シンガポールに最後に訪れたのは7月29日。長い熱が続き、のどの痛みなどの症状が出たため9月6日に病院を訪れ、検査の結果11日にジカ熱と診断された。

 

6人目の感染者はその女性の39歳の姉で、クアラルンプールのセタパクに在住している。

 

一方フィリピンでも、保健大臣のポーリン・ウビアル氏が今年初の国内感染を確認したと発表した。初の感染者となったのは首都マニラから南へ600キロメートルほど離れたイロイロ在住の45歳の女性。9月5日に検査を受け、ジカ熱に感染したことが確認された。これを受け、フィリピンの2012年以降のジカ熱感染者数は計8人となった。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP国内のジカ熱感染者数が6人に、比でも今年初の国内感染を確認