シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPポケモンGoが8月6日にリリース、街中でポケモンを「ゲット」

社会

2016年8月8日

ポケモンGoが8月6日にリリース、街中でポケモンを「ゲット」

〈シンガポール〉
世界各地で人気が過熱しているポケモンGoがシンガポールでも8月6日にリリースされた。現実世界を舞台に、ポケモンを捕まえたり、交換したり、戦わせたりすることができるスマートフォンを利用したゲームで、アプリをダウンロードしたファンが早速、街中でポケモンを捜す姿が見られた。

 

ゲームを開発したのは米グーグルを母体とするナイアンティックで、資金もグーグル、任天堂、フジテレビなどから調達した。設立者のジョン・ハンケ氏はグーグル・アースの共同設立者。

 

ポケモン同士を戦わせる際のアイテムを入手できる地点が「ポケストップ」で、MRT駅、サイエンスセンター、シンガポール動物園などにポケストップが配置された。

 

ナイアンティックは約1ヵ月前に、まず米国、豪州、ニュージーランドでリリースし、シンガポールを含むアジア、オセアニア15ヵ国で6日、予告なしでリリースした。

 

ポケモンハンティングをしていて偶然、死体を発見したというケースが米国で報告されたが、シンガポールでもノール・アズミさんが7日早朝、ウッドランズ・ウォーターフロント公園でポケモンを捜している際、水中にうつぶせになって浮いている女性を発見するという出来事があった。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPポケモンGoが8月6日にリリース、街中でポケモンを「ゲット」