シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPトルコのクーデター未遂事件、少年サッカーチームが足止め

社会

2016年7月18日

トルコのクーデター未遂事件、少年サッカーチームが足止め

<シンガポール>
トルコで7月15日夜、国軍内の一部勢力による反乱が起きた事件で、空港が一時閉鎖され、運航に支障が出た。軍の参謀総長代行は16日、反乱軍を制圧したと発表。クーデターは失敗に終わったが、イスタンブールのアタチュルク空港ではヘリコプターが頭上を飛ぶなど、旅客は恐怖の時間を過ごした。

 

サッカーのF-17アカデミーに所属するチームはスウェーデンで開催の試合に参加のため、開催地ヨーテボリに向かっていた。しかし航空機がイスタンブールに着陸できなかったためアンタリヤ空港に緊急着陸。空港再開を待ってイスタンブールに入った。

 

コペンハーゲンから列車を利用するとの当初計画が狂ったが、長距離バスを予約できたという。第1試合は18日。

 

17日夕刻にはトルコからの旅客機もシンガポールに到着した。予約した便がキャンセルになった女性はトルコから出国するまで24時間、空港で過ごした。

 

深夜便がキャンセルになった教師のフェンさんは「突然、全ての便が取りやめになった。旅客はテレビや携帯電話で情報を集めるのに必死で、パニック状態だった。皆、レストランで一夜を過ごした」と語った。

 

チャンギ空港では到着便の機内預け荷物の検査にこれまで以上の時間をかけた。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPトルコのクーデター未遂事件、少年サッカーチームが足止め