シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP自動車乗り入れ禁止計画、2ヵ月間の中断はさみ10月に再開

社会

2016年6月28日

自動車乗り入れ禁止計画、2ヵ月間の中断はさみ10月に再開

〈シンガポール〉
毎月最終日曜の午前に中心街のビジネス・官庁街で実施している、自動車の乗り入れを禁止した歩行者・サイクリスト天国「カー・フリー・サンデー」は6ヵ月の試験期間が6月26日で終わった。ローレンス・ウォン国家開発相は、計画の成果を判断するため都市再開発庁(URA)は2ヵ月の中断期間を設け、その後10月に再開すると明らかにした。

 

ウォン氏は「大変良い成果が見られた。国民の反応は良好で、毎回数千人が参加した」と語った。自動車乗り入れ禁止場所の拡大、迂回ルート変更を行う。
10月からの第2回計画は6ヵ月、あるいはそれ以上の期間、実行するが、ウォン氏は、官庁街のあるシビック地区では永続的措置にしたいと語った。

 

ウォン氏はまた、HDB公営住宅団地がある地域での実施も可能と強調。実施したい地域社会組織があれば認める方針を明らかにした。団地では狭い地域での実施が可能だ。

 

カー・フリー・サンデーは乗用車利用を減らすことを目指す政府施策の一環で、ウォン氏は「公共スペースを心地よい、活気あるものにし、そうした利益が乗り入れ禁止にはあるということを国民に理解してもらうとの意味もある」と語った。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP自動車乗り入れ禁止計画、2ヵ月間の中断はさみ10月に再開