シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP人民正義党のメンバー、サラワクで射殺される

社会

2016年6月22日

人民正義党のメンバー、サラワクで射殺される

〈ペタリンジャヤ〉
人民正義党(Parti Keadilan Rakyat:PKR)に所属するビル・カヨン氏が6月21日、サラワク州ミリ市のルトンで射殺された。

 

カヨン氏は、多くの民族がいるサラワク州で先住民の土地所有権などの問題に取り組んできた。マレー系原住民であるダヤク族のコミュニティからは、今回の事件を強く非難する声が挙がっている。

 

カヨン氏は、国会議員であるマイケル・テオ氏の秘書も務めていた。21日に、現地のスーパーマーケット近くで信号待ちだったところ、ショットガンで首を撃たれたという。犯人はまだ捕まっておらず、動機も不明。

 

事件を受け、警察は特別捜査本部を設置した。カーリド・アブ・バカール警視総監は、「なぜこのような事件が起きたのか明らかにしていきたい」と述べ、目撃者に協力を呼びかけた。

 

マレー・メール紙によると、サラワク州では昨年5月にも、テオ氏がバットで襲われ骨折する事件が起きている。この事件の犯人もまだ捕まっていない。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP人民正義党のメンバー、サラワクで射殺される