シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPIT機器リサイクルのリングロー、マレーシア拠点で初の大型受注

日系企業

2016年5月27日

IT機器リサイクルのリングロー、マレーシア拠点で初の大型受注

〈クアラルンプール〉
中古パソコンの販売・修理・買取などIT機器のリサイクルを手掛けるリングロー(本社:東京)は5月26日、マレーシアの現地法人を通じ、シンガポールに本社を持つIT企業のプロキュリーに対し、中古ワークステーションやノートPC、TVスタンドなど約700台を販売したと発表した。

 

リングローは2015年11月、東南アジア諸国へのアクセスの良さなどから、クアラルンプールに現地法人を設立、テストマーケットを行うとともに、マレーシアやシンガポールなどの約100社を取引先として開拓してきた。今回のような大型受注は、マレーシアの現地法人立ち上げ以来初めてとなり、納入するIT機器は日本や韓国、米国、欧州から調達するという。

 

碇敏之代表取締役は「クアラルンプールには日系企業が多く見られますが、中古IT機器を扱う会社はほとんどありません。リングローが参入することで、マレーシアおよび東南アジアの中古IT機器業界をリードしていきたい」とコメント。また広報を担当する楢木優里さんは、メディアジャパンの取材に対し、マレーシアでは中古のサーバやタブレット、スマートフォン、カメラなどの需要が増えるとの見方を示した。

 

同社はマレーシアを拠点に、シンガポール、インドネシア、フィリピンなどでの事業を強化する方針。アジア以外でも、欧州、ドバイ、米国2ヵ所で現地法人を立ち上げる予定という。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPIT機器リサイクルのリングロー、マレーシア拠点で初の大型受注