シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP今年の物価上昇、RHBリサーチなどが低率を予想

経済

2016年5月25日

今年の物価上昇、RHBリサーチなどが低率を予想

〈クアラルンプール〉
RHBグループの調査部門子会社、RHBリサーチ・インスティチュートは、今年の消費者物価は2.0~2.5%と低率にとどまると予想している。

 

原油、一次産品価格の値下がり、内需不振でインフレ圧力は弱まるとの見解だ。

 

リンギ安で輸入価格は上昇するためインフレ圧力となるが、消費低迷、不動産市況の冷え込み、家計負債の多さがインフレを抑制する見通しだという。

 

昨年の消費者物価指数(CPI)上昇率は2.1%。今年3月は2.6%だったが4月は2.1%に鈍化した。物品・サービス税(GST)導入が昨年4月だったことの影響が3月と4月の差になって現れた。

出典:マレーシアナビ!
http://www.malaysia-navi.jp/

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP今年の物価上昇、RHBリサーチなどが低率を予想