シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPオンラインビジネス、年商50万リンギ以下は非課税

政治

2016年5月20日

オンラインビジネス、年商50万リンギ以下は非課税

〈クアラルンプール〉
インターネットを利用したビジネスに対し、財務省は来年から所得税を課す方針だが、中小企業開発公社(SMEコープ)のハフサ・ハシム最高責任者は、年商が50万リンギ(約1,350万円)以下の事業体には課税しない方針を表明した。

 

ハフサ氏は「オンラインビジネスの多くは中小企業や新興企業だ。ビジネスを開始して間もない会社に課税したのでは影響が大きすぎる」と起業を奨励する立場を示した。

 

ハフサ氏は、年商が50万リンギに満たない事業体はさらにビジネスを発展させるために努力すべきで、納税を逃れるためビジネスを大きくするのを避けるような真似は望ましくないと述べた。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPオンラインビジネス、年商50万リンギ以下は非課税