シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP1MDB、17.5億米ドルが債務不履行に

経済

2016年4月27日

1MDB、17.5億米ドルが債務不履行に

〈クアラルンプール〉
国営投資会社1マレーシア・デベロップメント(1MDB)は4月26日、17億5,000万米ドル(約1,940億円)の債券に関し配当を履行しなかったと発表した。この結果、国内で発行したスクーク(イスラム債券)計75億リンギ(約2,120億円)も「クロスデフォルト」(連鎖不履行)になるという。

 

不履行の発端となったのはアブダビ国営ファンド、インターナショナル・ペトロリアムインベストメント(IPIC)との紛争。IPICは1MDBが発行した2件の17億5,000万米ドルの起債を保証することで契約を締結している。1MDBが資金不足で配当が実施できなかったため結んだ協定で、IPICは償還と配当を肩代わりする見返りとして、1MDBから米ドル建て預金と、運用している米ドル建て資産の一部を受け取る契約となっている。

 

1MDBは約35億4,000万米ドル(約3,930億円)の資金をIPICに送金したと主張しているが、IPICは、そのような金は受け取っていないと反論。4月19日に行われるはずだった5,030万米ドル(約56億円)の配当は行われていなかった。

 

IPICは25日、1MDBが不履行に陥れば債券の保証人として5,030万米ドルの配当を実施すると発表していたが、IPIC、1MDBともに配当期限までに履行しなかった。

 

IPICは今月18日、1MDBが11億米ドル(約1,220億円)の支払いを怠ったため、両社が取り交わした債務組み替え契約を破棄したとロンドン証券取引所に届け出ている。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP1MDB、17.5億米ドルが債務不履行に