シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPルーウィン・テラス「Art of Plate」をテーマに特別メニ...

イベント

2016年4月22日

ルーウィン・テラス「Art of Plate」をテーマに特別メニュー

〈シンガポール〉

3月28日から4月24日まで開催のワールド・グルメ・サミットの一環として4月18日、フォートカニングパーク内にあるジャパニーズフレンチレストランのルーウィン・テラスで「Art of Plate」をテーマに特別メニューが提供された。「和魂洋才」をテーマにした料理と、美濃焼の食器のコラボレーションが特徴的なイベントだ。

IMG_7218 (2)IMG_7222 (2)

日本とシンガポールを行き来することが多く、月の半分くらいは同店で働いているという松本圭介シェフは、「いろいろなレストランがシンガポールに進出していますが、うまく自分たちのカラーを出していきたい」と話す。美濃焼の食器については「美濃焼は窯元によって色合いが違います。それぞれの特徴を踏まえ、今回のメニューに合うものをチョイスしました」と述べた。

IMG_7231 (2)

特別メニューのひとつが「赤と黒」。クスクス(小麦などの粉をそぼろ状にして蒸したもの)やビートの根のピューレを、塩昆布で味付けしたもの。

IMG_0425 (2)

通常のメニューは、ロッシーニ(写真左下、72Sドル)や和牛カルパッチオ(写真右下、32Sドル)が人気という。「ロッシーニは当店の定番メニューになりつつあります。また食べたいと、お客様から予約をいただくことも多いです」と松本氏は話した。

IMG_7101 2 editedPicture for table

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPルーウィン・テラス「Art of Plate」をテーマに特別メニ...