シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPソーシャルネットワークのリンクトイン、ジュロンにデータセンター開...

経済

2016年4月6日

ソーシャルネットワークのリンクトイン、ジュロンにデータセンター開所

〈シンガポール〉
ビジネスに特化したソーシャルネットワークサービス(SNS)のリンクトインは、ジュロンに建設したデータセンターを公開した。世界で7ヵ所目、米国外では初めてで、8,000万Sドル(約65億円)を投じた。

 

リンクトインの全世界の利用者は4億人を超えており、アジア太平洋地域は8,500万人。データセンターは域内におけるデータトラフィックのすべてを処理する。全世界の3分の1に相当する量だ。

 

データセンターの敷地面積は2,183平方メートルで、域内業務代表のオリビエ・レグランド氏は「サービス利用のスピード、信頼性が増す」と語った。域内の会員は2013年1月との比較では2倍強に増えており、収入は3倍になった。

 

リンクトインは域内本部もシンガポールに設けている。現在の従業員数は250人。同社が昨年実施した調査によれば、シンガポールの専門職者は次の職を探す際、域内で最もビジネス向けソーシャルネットワークを利用する割合が高い。

 

リンクトイン利用者には国ごとに、ほかの会員への影響力がある、長文を寄稿する会員がおり、DBSのピユシュ・グプタ最高経営責任者(CEO)、KOPのオン・チーチン会長らが含まれる。域内で影響力があるとされるのは、インドのモディ首相、日本の安倍首相、エアアジアのフェルナンデスCEOら。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPソーシャルネットワークのリンクトイン、ジュロンにデータセンター開...