シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP3.11から5年 ガーデンズ・バイ・ザ・ベイで追悼イベント

日系社会

2016年3月14日

3.11から5年 ガーデンズ・バイ・ザ・ベイで追悼イベント

〈シンガポール〉
東日本大震災から5年目となる今年、在日本シンガポール大使館がガーデンズ・バイ・ザ・ベイのフラワードームで追悼のためのイベントを3月12、13日に開催し、尺八奏者の入江要介さんらが演奏を行った。

 

IMG_6059入江さんは、母で琴奏者の入江歌邦さん(生田流家元宗家)とともに、「もののけ姫」や「さくらさくら」、「春の海」などを演奏。入江要介さんは「今年は震災から5年という大切なタイミング。震災のことを忘れないよう願い演奏した」と話した。

 

今回のイベントに先立ち、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイは「Blossom Beats」として、桜や梅、桃の花を3月27日まで展示している。在シンガポール日本大使館の伊藤実佐子さんによると、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイで桜が展示されるのは今回が初。シンガポールの気候では桜を育てられないため、日本やニュージーランドなどから輸送した。ニュージーランドでは、約2年をかけて試行錯誤し栽培したという。

 

伊藤さんは今回のイベントについて「震災の発生後、シンガポール赤十字社から約30億円を寄付してもらい、東北に4件のコミュニティセンターを建てることができた。震災から5年を迎えた今年、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイが桜を展示するタイミングに合わせ、シンガポールへの感謝の気持も込めて今回のイベントを企画した」と話した。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP3.11から5年 ガーデンズ・バイ・ザ・ベイで追悼イベント