シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPムーディーズ、マレーシアの評価を引き下げ

経済

2016年2月2日

ムーディーズ、マレーシアの評価を引き下げ

〈クアラルンプール〉
格付け会社のムーディーズ・インベスターズ・サービスは、マレーシアに対する評価を「ストロング」から「ストロング・マイナス」に引き下げた。銀行の経営環境の悪化が理由だ。

 

ムーディーズは昨年1~9月の経常収支の黒字が前年同期のほぼ半分に減少したことと、外貨準備高が急減したことを指摘。資本流出入の変動に対する緩衝力が弱まったとした。

 

ムーディーズによれば、一次産品価格の下落、世界的なリスク回避の動き、国内政治面の問題がリンギ安をもたらした。しかし同社が格付けしている金融機関の信用力への影響はないという。マレーシア経済は強固で、リスクへの抵抗力があるためだ。

 

信用増加はここ数四半期、鈍化しているが、当局の引き締め策と、心理悪化の両方が作用しているという。

 

原油価格は昨年10月以降、さらに下落しており、政府が財政赤字目標を達成するには、一段の歳出抑制が必要になる可能性があるという。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPムーディーズ、マレーシアの評価を引き下げ