シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP補正予算案発表、11の政策を盛り込み

政治

2016年1月29日

補正予算案発表、11の政策を盛り込み

〈クアラルンプール〉
ナジブ・ラザク首相は1月28日、2016年度財政補正予算案を発表した。強い経済成長の継続を確保し、全国民の生活、福祉、調和に注力するという2つの柱に基づき見直しが行われた。補正予算の発表は、原油安による歳入減を受けたもので、昨年10月の予算案発表時の原油価格は1バレル=48米ドル(約5,700円)だったが、現在は30米ドル(約3,500円)まで落ち込んでいる。

 

補正予算案は11項目の政策が発表された。▽従業員積立基金(EPF)の個人負担を3月から2017年末まで3%に引き下げ、事業者の負担率は維持する▽月収8,000リンギ(約22万5,000円)以下を対象に、所得税を最高で2,000リンギ(約5万6,000円)控除する▽物価上昇抑制策として、農産品やコーヒー豆、肉などの輸入許可を自由化する▽極貧層に対して毎月20kgの米を提供する▽中国人に3月から年末までビザなし訪問を認める--ーなどが盛り込まれ、低所得者層に恩恵をもたらす内容となった。

出典:マレーシアナビ!
http://www.malaysia-navi.jp/

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP補正予算案発表、11の政策を盛り込み