シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP政府系企業トップ20社、11年で時価総額が3.2倍

経済

2015年5月19日

政府系企業トップ20社、11年で時価総額が3.2倍

〈ペタリンジャヤ〉

政府系企業(GLC)トップ20社(G20)の時価総額が2015年4月7日時点で4,311億リンギ(約14兆4,231億円)となり、約11年前の2004年5月14日時点における1,338億リンギ(約4兆4,764億円)の3.2倍となった。

G20の株主総利回り(TSR)は年率12.6%の成長で、同期のブルサ・マレーシア(マレーシア証券取引所)の代表的株価指数(FBM・KLCI)の年率0.4%成長を上回った。

G20の2014年度の純利益は262億リンギ(約8,765億円)で、過去最高だった2013年度の263億リンギ(約8,800億円)に迫る業績を上げた。年平均成長率(CAGR)は10.2%となった。

現時点でのG20は、▽アフィン・ホールディングス▽アクシアタ・グループ▽BIMBホールディングス▽ブーステッド・ホールディングス▽ケミカル・カンパニー・オブ・マレーシア▽CIMBグループ▽マラヤン・バンキング(メイバンク)▽マレーシア・エアポーツ・ホールディングス(MAHB)▽マレーシア航空(MAS)▽マレーシアン・ビルディング・ソサエティ▽マレーシアン・リソーシズ・コーポレーション▽サイム・ダービー▽テレコム・マレーシア▽テナガ・ナショナル▽THプランテーションズ▽UEMグループ▽UMWホールディングス――など。

提供:マレーシアナビ!

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP政府系企業トップ20社、11年で時価総額が3.2倍