シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP「平和的集会法案」手直し、29日にも成立へ 反対派は抗議デモを計...

政治

2011年11月29日

「平和的集会法案」手直し、29日にも成立へ 反対派は抗議デモを計画

〈クアラルンプール〉
野党や人権団体が反対している「2011年平和的集会法案」について、ナズリ・アジズ首相府相は管轄の警察署に届ける期限を30日前から10日前にするなどの修正を行った上で11月29日の下院議会で可決を図る方針を明らかにした。下院での法案審議作業は、すでに第2読会まで進んでいる。
修正点は届け出期限の短縮にともない、▽開催地周辺の利害関係者への集会開催通知期限▽利害関係者による集会への抗議期限▽条件や禁止事項に不満がある際の主催者による不服申し立て期間▽その際の警察による回答期限——を原法案から短縮することが盛り込まれた。
ただ「宗教施設、学校、病院、ダム、取水池、発電所、給油所、空港、鉄道線路、陸上公共交通ターミナル、港湾、橋梁、及び50メートル範囲」とされる禁止区域の規定などはそのままとなっている。
■反対派、29日に抗議デモを計画■
「2011年平和的集会法案」に反対するグループが同26日、クアラルンプール(KL)シティセンター(KLCC)で集会を開催し、揃いの黄色いTシャツを着た300人あまりがシュプレヒコールをあげた。
政府与党が可決を目指す29日には、弁護士会がデモ行進を行う方針だ。同法案では集会と移動を伴うデモの区別がないが、英国の法律では通常の集会では届け出の必要はなく、移動を伴うデモの場合のみ6日前に届け出ることになっている。
野党や人権団体は、集会の自由が元々マレーシアの連邦憲法第10条で保証されているものだとし、「新法はさらに抑圧的」と強く反発している。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP「平和的集会法案」手直し、29日にも成立へ 反対派は抗議デモを計...