シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPジョホールバルと中国・汕頭市が友好都市締結

国際

2011年11月14日

ジョホールバルと中国・汕頭市が友好都市締結

〈ジョホールバル〉
ジョホールバル市は11月4日、中国広東省の汕頭市と正式に友好都市協定を締結した。経済や貿易、文化、教育、医療、観光など多方面で交流を図る。友好都市締結にあわせて、汕頭市から周鎮松副市長ら18人の代表団がジョホールバルを訪れた。
潮州語を話す潮州人が多く住む汕頭市は人口539万人の大都市で、歴史的にタイやシンガポール、マレーシアなど多くの国に華僑を多数輩出している。ジョホールバルも潮州人の多い都市で、「小汕頭」と呼ばれることもあるという。
現在は両市を結ぶ航空路線はなくシンガポール経由で往来しているが、年内にも格安航空会社エアアジアがクアラルンプール(KL)と汕頭を結ぶ直行便を運航する計画だという。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPジョホールバルと中国・汕頭市が友好都市締結