シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP郵船ロジス、イスラム開発局よりハラル認証を取得

その他

2015年5月22日

郵船ロジス、イスラム開発局よりハラル認証を取得

〈クアラルンプール〉

郵船ロジスティクスのマレーシア法人タスコは5月20日、イスラム開発局(JAKIM)よりハラル認証を取得したと明らかにした。

取得したのは、輸送業務に求められる「MS400-1」と倉庫業務に求められる「MS2400-2」。両認証の同時取得は日系物流企業にとり初となる。「MS400-1」の対象は車両25台。ペナンやマラッカ、セランゴール、ジョホールなどの主要拠点に配置された。「MS2400-2」の対象となるのは、ペナンのプライ・ロジスティック・センターで、約9,000平方メートルのスペースでハラル対応を行う。

郵船ロジスティクスは今後、マレーシアにおいてハラル食品や化粧品、医薬品などをターゲットに、トラックと倉庫を活用したロジスティクスサービスの提供を開始する。またハラルに関するノウハウと同社のグローバル・ネットワークをつなげることで、ハラル物流のワンストップサービスの構築を目指す。

提供:マレーシアナビ!

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP郵船ロジス、イスラム開発局よりハラル認証を取得