シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPマレーシア人口、昨年2,830万人を突破

社会

2011年8月2日

マレーシア人口、昨年2,830万人を突破

〈プトラジャヤ〉
統計局は10 年に1度実施している人口統計「センサス2010」の最終集計結果を発表、2010年における全人口は2,830万人となり、前回調査(2000年)から約500万人増加した。男性は1,456 万2,638 人、女性は1,377万1,497人だった。

過去10 年間の人口増加率は年率平均2.0%で、その前の10年間(1991―2000年)の2.6%に比べて増加率は減速傾向にある。2000年に3%だった出産率は、2010年には2.3%に下がった。

年齢別でみると、人口の67.3%が15―64歳で、14歳以下は27.6%、65歳以上は5.1%だった。男女比率は、プトラジャヤとペルリス州を除いて男性の方が女性より多かった。

全人口の91.8%がマレーシア国籍保有者で、民族別ではブミプトラ(マレー人および先住民族の総称)が67.4%を占めた。華人は24.6%、インド系は7.3%だった。

宗教別ではイスラム教が61.3%を占め、これに仏教(19.3%)、キリスト教(9.2%)、ヒンドゥー教(6.8%)が続いた。

州別では、セランゴール州が546万人でトップ。これにジョホール州(330 万人)、サバ州(321万人)が続いた、クアラルンプール(KL)は167万人だった。

1平方キロメートル当たりの人口密度はKLが6,891人で他を大きく引き離してトップ。2位はペナン州の1,490人だった。最も小さかったのはサラワク州の20人だった。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPマレーシア人口、昨年2,830万人を突破