シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPシンガポール国立大学、南洋工科大学が世界大学ランキング上昇

国際

2012年9月11日

シンガポール国立大学、南洋工科大学が世界大学ランキング上昇

世界大学ランキングでシンガポール国立大学(NUS)は25位、南洋工科大学(NTU)は47位にランクされたことがわかった。ロンドンに拠点を置く高等教育機関の調査会社Quacquarelli Symonds による「世界大学ランキング(The World University Rankings)Overall 2012」 で、NUS は昨年より3ランク、NTUは11ランク上昇した。
NUSは23位にランクされた香港大学に次いで、アジアでは2位となった。
同ランキングは、学生や大学の研究者に対する評判や、学生数と教員数の比率などに基づいて評価する。同調査会社によると、これらシンガポールの大学は教員数と学生数の割合が改善されたことなどが上昇の要因となった。一方、海外からの留学生数においては評価が低くなるという。
シンガポール政府は2020年までに大学進学率を現在の27%から40%へ引き上げることを目標としている。
ランキングのトップ10は米国と英国の大学が占め、1位には史上初めてマサチューセッツ工科大学(MIT)がランクされた。主な順位は次の通り。

1位 マサチューセッツ工科大学(MIT)
2位 ケンブリッジ大学
3位 ハーバード大学
4位 ユニバーシティー・カレッジ・ロンドン(UCL)
5位 オックスフォード大学
6位 インペリアル・カレッジ・ロンドン
7位 イェール大学
8位 シカゴ大学
9位 プリンストン大学
10位 カリフォルニア工科大学(Caltech)
23位 香港大学
24位 オーストラリア国立大学
25位 シンガポール国立大学(NUS)
30位 東京大学
35位 京都大学
44位 北京大学
47位 南洋工科大学(NTU)
50位 大阪大学

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPシンガポール国立大学、南洋工科大学が世界大学ランキング上昇