シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP安全な航空会社、SIAは上位20位以内に

社会

2016年1月7日

安全な航空会社、SIAは上位20位以内に

〈シンガポール〉
航空業界サイトのエアラインレーティングス・ドットコムは、世界で最も安全とみなされる航空会社20社を発表した。1位は豪カンタス航空で、シンガポール航空(SIA)は上位20位以内にランクされた。

 

エアラインレーティングスは2位~20位の順位を明らかにしていない。20位以内に入ったのは、全日本空輸(ANA)、日本航空(JAL)、ニュージーランド航空、キャセイ航空、エミレーツ航空、ルフトハンザ航空などで、ほとんどがシンガポール便を運航している。

 

ほかに20位以内に入ったのは、アメリカン航空、エバー航空、ルフトハンザ航空、ユナイテッド航空、フィンエアーなど。

 

エアラインレーティングスは格安航空会社のランキングも作成した。上位10位にアジアから入ったのは、ジェットスター・オーストラリアとHKエキスプレスのみ。

 

エアラインレーティングスは各社の事故歴、業界団体の評価、運営面の優れた点などを総合的に評価した。

 

調査対象は407社で、最も安全面の評価が低かったのは、インドネシア、ネパール、南米スリナムの航空会社。

 

ランキングについてSIA広報担当者は「安全な運航を確保するためSIAは多様な訓練計画を実施している」と語った。

 

昨年の世界の航空機事故は16件、死者数は560人で、過去10年間の平均以下だった。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP安全な航空会社、SIAは上位20位以内に