シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPタクシー予約に第3者アプリ、予約確率が上昇

IT

2013年12月23日

タクシー予約に第3者アプリ、予約確率が上昇

なかなかタクシーがつかまらずイライラの多い利用者に朗報だ。最近、空きタクシーを見付ける第3者アプリケーションが相次いで開発、提供された。特定のタクシー会社が開発したアプリではないため、どの会社のタクシーの予約にも利用できるのが特徴だ。
10月中旬にリリースされた「グラブタクシー GrabTaxi」は客が携行するスマートフォンに組み込まれた地図を利用し客の現在位置を調べ、周辺にいる空きタクシーを探し出す。マレーシアで最も利用されている予約アプリ。現在は試行期間中で、1月まで無料。客は自己判断で運転手に心づけを払えばよい。現地紙の記者が試したところ、4回のアプリ利用のうち2回、予約に成功した。
「ムービタクシー MoobiTaxi」はタクシー各社の予約サービスを統合したもので、「グラブタクシー」同様、客の位置を確認し、近辺にいる空きのタクシーを探し出す。9月の提供開始以来、1万人が利用者登録を行った。
2週間前に提供されたばかりの「キャブ・ペア Cab-Pare」はタクシー料金を比較できるアプリで、開発者のウォン氏によると、同じルートでも料金が20Sドル違うこともある。アプリの料金は0.99米ドル。
これらの第3者アプリは陸運庁(LTA)の規制を受けない。プライム・タクシーの運転手によると、アプリ利用で収入が増えたという。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPタクシー予約に第3者アプリ、予約確率が上昇