シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPデング熱猛威、1週間で約500件発生の報告

社会

2013年10月30日

デング熱猛威、1週間で約500件発生の報告

雨季の始まりとともに、デング熱の発生件数が増えており、国家環境庁(NEA)は警戒を呼びかけている。

NEAの10月29日の発表によると、10月第4週には500件のデング熱発生が報告された。
住宅での蚊の繁殖が増えているが、より深刻なのは建設現場。10月5日までに建設請負会社34社が蚊が繁殖しやすい環境と不衛生な建設現場を放置したとして提訴された。また、20の建設請負会社が合計130万Sドル(約1億250万円)の罰金を科された。
NEAは住居400軒以上と、9,000を超える建設現場で蚊の繁殖の恐れがないか検査している。罰金額を増やしたり、告訴するのは根本的な解決にはならず、各自が蚊が繁殖しないように警戒を怠らないことが大切だというのがNEAの姿勢だ。また、海外旅行に出かける時は、家に蚊除け対策をするように呼びかけている。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPデング熱猛威、1週間で約500件発生の報告