シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP電話勧誘拒否の登録制度、12月から登録開始

社会

2013年10月1日

電話勧誘拒否の登録制度、12月から登録開始

個人情報保護委員会は、来年1月2日に発足する勧誘禁止電話番号登録(DNC)制度について、登録所への登録申請を12月2日から開始すると発表した。早めに登録すれば、制度開始日から迷惑な売り込み電話を回避できる見通しだ。制度開始日かそれ以降に登録した場合、30~60日間は、テレマーケティング業者から一方的な売り込み電話が来る可能性がある。
テレマーケティング業者は売り込みに際し登録所で電話番号をチェックしなければならないが、DNCに掲載されていない番号の制度上の有効期間は60日で、60日の経過後は、業者は改めてDNCリストをチェックしなければならない。この有効期間は来年7月からは30日になる。
電話以外に、ファクス、ショートメッセージサービス(SMS)、マルチメディアメッセージサービス(MMS)が規制対象。
登録所に電話番号を登録したのにテレマーケティング業者から電話、SMSなどがあった消費者は苦情を個人情報保護委員会に申し立てることができる。
個人情報保護法の施行は来年7月2日から。消費者から得た個人情報の用途を当人に伝えることを怠った企業は最高100万Sドル(約7,800万円)の罰金を科せられる。海外企業も対象。
テレマーケティング業者の登録リスト照合は500人まで無料。それ以上は1件につき1~2.5(約7.7円~19円)セントかかる。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP電話勧誘拒否の登録制度、12月から登録開始