シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP「企業風土改革」スコラ・コンサルト、シンガポール事務所開設

日系企業

2013年9月10日

「企業風土改革」スコラ・コンサルト、シンガポール事務所開設

企業風土改革コンサルティングの株式会社スコラ・コンサルト(本社・東京都品川区)がシンガポールにScholar Consult Asia Pte. Ltd.を設立、9月9日、タワークラブでオープニング・セレモニーが行われた。

 

1_MG_9223
同社は日本で27年間にわたり約500社の組織風土改革の実績を持つ。シンガポールでは進出日系企業が異文化の中で組織風土改革に取り組むうえでのモデル として、「オープンコンサルティング」を展開する。これは組織・人材などに関する問題を1社だけでなく考えるのではなく、企業、業種という枠組みを超えて 6〜10社のリーダーが試行錯誤し、課題の解決をめざすという方法だ。「オープンコンサルティング」を開発したスコラ・コンサルト・アジア代表取締役の髙 橋秀紀氏(写真)はグローバルビジネスにおいて1人、1社で戦う時代ではないと強調、オープンコンサルティングの特長を次のように話す。

 

2_MG_9209
「コ ンサルティングのスタイルの一つである個別企業訪問型は具体的で深いコンサルティングができるという長所がありますが、時間とコストがかかります。一方、 異業種交流会やセミナーは、コストは抑えられるものの、一方通行的な面があり具体性に欠けます。そんな中で、『オープンコンサルティング』は個別企業訪問 型とセミナー、異業種交流会型の“好いとこ取り”といえます。また、当社が改革に取り組む組織風土とは、社員の無意識のうちの行動規範となるものです。各 企業が“らしさ”と“現地の適性”を掛け合わせた優位性を発揮し、成長することをめざします」。
スコラ・コンサルは、企業風土改革の要素として職場のチームワークを注視する。そして、組織のチームワークの状態を見るための共通のモノサシとして、 「ワークコラボレーション・レビュー Work Collaboration Review」を開発した。このプログラムはウェブサイト上で14の設問への回答から得られるデータを基に、「チームワークの7段階」を用いてチームの連 携と生産性、ストレス、コミュニケーション、イノベーションの起きやすさなどを見る。開発者の辰巳和正氏は、日本本社とシンガポールなど海外現地法人を結 び、チームにしていく活動の支援をしたいと語る。なお、「ワークコラボレーション・レビュー 」はウェブサイトhttp:// scholar.co.jp/workcollaboration/で無料で公開されている。10月初旬には英語版が公開される予定。
Scholar Consult Asia. Pte Ltd.
Level 58 Republic Plaza,9 Raffles Place Singapore 048619
Tel: 6823-1237
http:// scholarconsultasia.com

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP「企業風土改革」スコラ・コンサルト、シンガポール事務所開設