シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP中国人が訪れたい国、シンガポールはアジアでトップ

国際

2013年8月22日

中国人が訪れたい国、シンガポールはアジアでトップ

ホテル予約サービス大手、ホテルズ・ドットコムが中国人3,000人を対象に実施した観光旅行調査で、来年中に訪問したい国でシンガポールを挙げた のは23%(複数回答)とアジアで1位だった。アジア2位は香港で21%。総合順位は、1位が豪州(75%)で、以下はフランス、ニュージーランド、米 国、スイス、シンガポール。
外国旅行で何をしたいかの質問では、観光との回答が75%、食事が65%、ショッピングが51%。
ホテルズ・ドットコムの域内責任者、スバンストロム氏は「シンガポールは多様な料理が楽しめ、カジノもある。地元人が中国語を理解する点も強み」とコメントした。
中国南東部の江西省から来た女性は「町はきれいで、なじんだ中国料理が食べられ安心。道に迷っても地元の人に聞けば、みんな中国語を理解してくれる」と語った。
中国からの旅客は年々増加しており、2010年の117万人に対し11年は157万人余り。中国人が昨年、外国旅行に費やした額は前年比40%増の1,020億米ドル(約9兆9,947億円)で、世界一。
ほかの国も中国人旅行者の呼び込みに躍起で、豪州観光局は中国向けマーケティング費用を倍増。ニュージーランドは査証期間を伸ばした。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP中国人が訪れたい国、シンガポールはアジアでトップ