シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP欧州中央銀行総裁発言でリンギが下落、さらに下落の可能性

政治

2015年6月8日

欧州中央銀行総裁発言でリンギが下落、さらに下落の可能性

〈ペタリンジャヤ〉

リンギは6月4日、1米ドル=3.6983リンギ(約123円13銭)と前日比0.36%値下がりした。韓国ウォン、台湾ドル、インドネシアルピーも下落した。

マラヤン・バンキング(シンガポール)のサクティアンディ外為調査部長は、欧州中央銀行ドラギ総裁の発言が域内通貨の動きに影響したとの見解を示した。

ドラギ総裁は6月3日の理事会後の記者会見で、金利が非常に低い水準にある時は債券価格の変動が高くなる傾向があるとし、「われわれは変動が大きい状態に慣れる必要がある」と発言。これがきっかけとなり欧州を始め世界各地で債券利回りが上昇した。

一方、フスニ副財務相は6月3日のテレビ番組で1マレーシア・デベロップメント(1MDB)の問題に触れ、政府が同社救済のため負債(420億リンギ、約1兆4,000億円)を肩代わりすることになった場合、予算赤字は拡大し、マレーシアの格付けは下がり、リンギもさらに下落するとの見通しを示した。

クレディ・スイスは通貨下落を、輸出志向型経済には好ましいと見ており、中央銀行バンク・ネガラは秩序あるリンギ下落を容認すると予想している。

提供:マレーシアナビ!

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP欧州中央銀行総裁発言でリンギが下落、さらに下落の可能性