シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP華人系中小企業比率、わずか6年で92%から55%に急減

経済

2014年8月14日

華人系中小企業比率、わずか6年で92%から55%に急減

〈クアラルンプール〉
マレーシア国内の中小企業(SME)に占める華人系企業の比率が大きく減少している。華人の中小ビジネスはこれまでマレーシアの発展を支えてきたが、2005年に92%だった比率が2011年には55.4%まで落ち込んでいるという。
ウィー・カション首相府相(華人中小企業担当)によると、2005年には法人事業者総数は55万2,804社で、99.2%に当たる54万8,267社が中小企業だった。2011年には法人総数は66万2,939社で、うち中小企業は64万5,136社で比率が97.3%に下がった。華人系の中小企業は2005年には50万8,560社あったが、2011年には14万3,560社も減って約36万5,000社となった。
華人系中小企業が減少している理由について、マレーシア中小企業協会のテー・キーシン会長は、1980年に工業化が進んで急増した華人系中小企業だが、1997年のアジア通貨危機以降はインドネシアやベトナムなどの隣国に押されて厳しくなり、機械化や品質管理向上などの改革に失敗した企業が淘汰されていったと指摘。さらには跡継ぎ問題などで廃業するケースも多いと分析した。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP華人系中小企業比率、わずか6年で92%から55%に急減