シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPブラックボックス、マレーシア当局に引き渡し ロシア大使は同国の関...

社会

2014年7月23日

ブラックボックス、マレーシア当局に引き渡し ロシア大使は同国の関与を否定

〈クアラルンプール〉
マレーシア航空(MAS)MH17便(乗員乗客298人)が7月17日にウクライナ東部で親ロシア派武装勢力のミサイル攻撃によって撃墜されたとみられる事件で、飛行記録を収めた2つのブラックボックスが親ロシア派からマレーシア当局に引き渡された。
マレーシアの特別捜査チームによると、引き渡されたブラックボックスに大きな損傷がないことから、データーは何も改ざんされていない模様。ブラックスボックスを入手したことで、墜落原因等の究明につながると見られる。回収された遺体は冷凍貨車を使い、最も多くの乗客がいたオランダに運ばれ身元確認が行なわれる予定だ。
一方、親露派を支援しているとされることについて、在マレーシア・ロシア大使館のリュドミラ・ボロビョーワ大使は22日に記者会見を開き、ロシアが事件と無関係であり国際社会の批判は不当だと主張。BUK地対空ミサイルを親露派に供与したことはなく、親露派が持っているのは携帯型のロケットだけだとし、撃墜はあり得ないと述べた。
事故の経済への影響については、ムスタパ・モハメド通産相は評価するのは時期尚早との見解を示した。MH370便の失踪事件の影響で観光セクターに影響が出るのは必至だが、今回の事故の影響を評価するには1ヵ月ほど必要と述べ、状況をモニターして行くと述べた。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPブラックボックス、マレーシア当局に引き渡し ロシア大使は同国の関...